薬膳は、" 寒い時期に食べるもの "と思っていませんか?

薬膳は、" 寒い時期に食べるもの "と思っていませんか?

実は、暖かい時期も薬膳をうまく取り入れることが大切です。

寒い季節が終わり、暖かい季節になると身体の中ではこんなことが起きています・・・


外は暑く、室内ではエアコンでキンキンに冷えた部屋。

最初は気持ちよく感じるものの、どんどんと身体は冷えてきてきます。

また、暑いからといって、冷たいものをたくさん飲んでしまうと、外は暑くても体内は冷えきってしまいます。

それが積み重なると、胃腸や身体は、温度差と冷たいものの摂りすぎで疲労感が溜まっていき、食欲がなくなったり、だるくなってしまいます。これが夏バテです。


夏バテを防ぐには、寒い時期だけじゃなく、暑い時期にも、温活(おんかつ)が大切です。温活は、いきいきと元気に生活できるように適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言います。

冷えた胃腸を温める事で全身の血のめぐりが良くなります。

 

「冷たいものばかり飲んでいたなあ」

「毎日エアコンのオフィスで身体が冷えているなあ」という方は、お食事で、体内からぽかぽかと温めてくれる薬膳鍋を食べて、巡りを良くしましょう。


 

●『薬膳鍋』

(デトックス火鍋スープ/疲労回復烏骨鶏スープ)

・デトックス火鍋スープは、生姜や花椒が入った辛めのスープが、身体を中から一気に温め、血と気を巡らせます。


・疲労回復烏骨鶏スープは、18種類の漢方を烏骨鶏・昆布・干ししいたけなどとともにじっくりと炊いたスープです。

高麗人参、当帰、蓮の実、なつめなど気血を補う漢方がたくさん入っていますので、身体を温めながら疲れた身体を癒してくれます。

詳しくは、こちらから


●夏の冷やし健彩麺

身体が火照った状態で、あまりお鍋など熱いものを食べたくない、量もそこまでたくさん食べたくない時には、『冷やし健彩麺』がお勧め。

暑い中、長時間過ごしていたり、身体が火照っている場合は、

身体の熱を冷ます必要があります。

そんな時には『冷やし健彩麺』をおすすめします。

身体の熱を冷ましてくれる食材がたっぷり入った『冷やし健彩麺』は、適度に身体を冷ましてくれます。

詳しくは、こちらから


●蒸篭蒸し 参鶏湯 滋養・痩身コース

しっかりと薬膳で夏バテ対策をしたい、でも鍋は食べたくない方は、

『蒸篭蒸し 参鶏湯 滋養・痩身コース』がお勧め。

疲れた身体に滋味深い味が染み渡るコース。

 

コースすべてを召し上がっても580kcalと、低カロリーを実現しました。

免疫アップのきのこと輝北豚の蒸篭蒸しは、玉ねぎをじっくり炒めて酸っぱい山楂子を入れたソースで食欲をそそり、ZEN ROOM風の参鶏湯が疲れた胃腸をあたため、身体の巡りを良くする疲労回復コースで暑い時期に人気のコースです。

詳しくは、こちらから


●身体にやさしい薬膳料理とワイン持ち込みコース

鍋以外で、薬膳を楽しみたい、そしてワインがお好きな方は、『ワインコース』がお勧め。

一般的にお店で飲むワインは、ワインショップ価格の2倍以上をつけていることが多く、たくさん飲む方はお持込されるとお得。

このコースは、ワインと合う薬膳料理のコースになっています。

コースのメニュー項目を記載。特に、食前に飲む18種類の漢方薬が入った烏骨鶏スープが好評で、「翌朝、ワインを飲んだけど、とても楽だった」というお声を頂戴いたします。

詳しくは、こちらから

 東京・自由が丘
 日々の薬膳料理でインナーエステ